エクオール効果をリサーチ

エクオールの更年期障害解消効果

エクオールには更年期障害を良くする効果があるとテレビとかで見たけど、
実際に効果はあるのかしら?私みたいにホットフラッシュや滝汗、イライラにも効く?
エクオールが更年期障害に効くメカニズムを説明しています。

エクオールは更年期障害に効果的

エクオールが更年期障害に効くとメディアがこぞって報じはじめたこともあり、ゆらぎ世代の女性のほとんどがその名前を知っているのではないでしょうか?しかし、ブームなだけでは?わたしの更年期障害にも本当に効果があるのかは疑わしいと思っている方が多いのも現実でしょう

結論から言うとエクオールが更年期障害に対して効果的であることは、既に立証されている事実なのです。このことは第31回 日本女性医学学会学術集会(2016年11月開催)で行われた発表の様子を取り上げた記事を読めば一目瞭然です。ちなみに発表者はあのエクオール研究の第一人者でもある現役女性婦人科専門医(医学博士)であることから、より信ぴょう性がわきますね。

記事内で注目すべきなのは「エクオールを摂取する事でホルモン補充療法による治療とほぼ同等の改善率が見られる」という点です。エクオールを摂取するだけで、病院で行っている治療と同様の効果が表れるってすごいことですよね。

そんなにすごいエクオールって何だっけ?という方は「エクオールってどんなもの?」の記事に目を通してみて下さい。

更年期障害におけるエクオールの効果と可能性

では更年期障害におけるエクオールの効果と可能性について、詳しくご紹介しますね。

更年期障害の症状

この記事をお読みの方の多くが日々実感しているであろう更年期障害の症状について簡単に見ていきましょう。

以下はエストロゲンが減少することで表れる症状で、早期症状と呼ばれます。

・冷のぼせ、顔のほてり(体温調節機能の異常、ホットフラッシュ)
・急激に汗をかいたり、滝のように流れる汗(発汗障害)
・心臓疾患などを伴わない動悸、めまい、ふらつき
・イライラ感、不安感、不眠などの睡眠障害

早期症状とは反対に遅発症状と呼ばれ、閉経後数年もしくは10年程度してから感じるのが次の症状です。

・尿漏れ
・性交時の痛み
・腰痛
・乾燥肌

更年期障害は早期症状だけではなく、閉経後にも嫌な症状が待っているとなると、更年期障害に効果的とされるエクオールは取っておくべきだと感じますよね。またエクオールが40代のからの女性におすすめだとされる理由は、すべての人がエクオールを体内で作れるとは限らないという現実があるからです。ご興味がある方は是非「エクオールを作れる人作れない人」を読んでみてください。

更年期障害に対するエクオールの効果

ではエクオールが更年期障害に効果があると立証された根拠の1つとなる研究結果を見ていきましょう。少し難しく感じるかもしれませんので、できるだけ分かりやすくご紹介しますね。

これからご紹介するデータは「更年期障害の症状の度合いとエクオールとの関係性」からその効果のほどを導き出しています。以下の図をご覧ください。


出展: https://www.amcare.co.jp/amc_labo/equol/seibun/seibun_001.html

上の図にあるエクオール、ダイゼインとゲニステイというのは、更年期障害に有効とされる大豆イソフラボンの一種です(大豆イソフラボンとエクオール)。そして尿中に排出されたそれぞれの成分の量を縦軸、更年期障害の症状の程度を横軸で示しています。さらに図を読み解くにあたって、知っておきたいのが「腸から吸収されるエクオールや大豆イソフラボンなどは、1~2日中には尿に交じって排出される」という大前提です。

違いとして見ていただきたいのが、エクオールだけが更年期障害の症状が重いか軽いかで尿中に排出される各成分の量に大きな差があるという点です。症状が重い人ほど排出量が少ないということが分かりますね。

これが示しているのは「症状が重い人は、更年期障害の症状改善のために多くのエクオールが体内で消費されているから、排出量が少ない」ということです。もっと言えば、エクオールを体内で作ることができる人ほど、更年期障害の症状が軽いということにも繋がるのです。

つまり、ホットフラッシュやつらい滝汗、イライラなどの症状が特徴の更年期障害に対するエクオールが持つ効果はまさに本物だというわけです。

更年期障害の治療とエクオール

では更年期障害の治療とエクオール摂取と、今後のエクオールの可能性について見ていきましょう。

更年期障害の治療には、選択肢として以下の3つの方法があげられます。

1.ホルモン補充療法
2.漢方薬の処方
3.カウンセリング

これらのうち1つを選択することもあれば併用するケースもあります。いずれにしても鍵となるのは40代になると急激に減少する「エストロゲン」の働きを補うことです。

ホルモン補充療法は乳がんや脳卒中、心筋梗塞などになったことがある方は受けることができません。しかしエクオールは基本的にそういった制限はなく、太りやすいといった副作用もありません。かつ漢方薬よりも効果がでやすいというメリットまで持ち合わせています。

言ってみれば、将来的に更年期障害の治療の1つとして活用される可能性だって十分あるのです。

エクオールはどのぐらいで更年期障害に効果が出る?

では、みなさんが気になるエクオール摂取からどのぐらいで効果がでるのかについてお届けしましょう。

個人差はありますが、早い方だと2~3週間、ほとんどの方が3ヶ月もすると効果を実感しています。それは以下の図からも見てとれます。


出展: https://www.amcare.co.jp/amc_labo/equol/publish/publish_20161108.html

また上記の図を見ると、以下のいずれのケースも継続摂取で効果を感じる人が増加しています。

・エクオールのみを摂取をした人
・エクオール摂取とホルモン補充療法を併用した人

つまり、エクオールはは継続服用が大事ということも分かるのです。

今回は更年期障害解消効果と題してお届けしました。最後に以下に本記事のまとめを作成しましたのでご確認ください。

・エクオールが更年期障害に効果的であることは立証済
・エクオールはホットフラッシュや滝汗、イライラにも効果的
・更年期障害の症状が重い人ほど尿に排出されるエクオール量が少ない
・エクオールは使用制限のあるホルモン補充療法の代替えになる可能性もあり
・エクオールは3か月もすると大抵の人が効果を実感する
・エクオールは継続摂取がおすすめ

当サイトでおすすめのエクオールサプリはコレ!