毎日爽快気分になるためのエクオール講座

エクオールサプリメントの選び方

エクオールサプリってどんな種類があるのかしら?
どんなサプリが販売されていて、どういうところに注意して選べばいいの?
おすすめのサプリも教えて欲しい・・

エクオールをサプリメントで取るメリット・デメリット

エクオールは大豆製品だけでは補いきれないということは「大豆イソフラボンとエクオール」の記事でご紹介した通りです。またエクオールを作り出すことができる人の割合がわずか3割であるということも「エクオールを作れる人作れない人」を読んでいただくと分かるかと思います。

じゃあ一体どうやってエクオールを体内に入れればいいの?とお悩みの方にご紹介したいのがサプリメントから取るという方法です。これはゆらぎ世代である40代以降の女性の更年期障害緩和の諸症状に、今最も有効だとされているのがエクオールサプリメントだからです。

では以下にエクオールをサプリメントで取るメリットとデメリットについてご紹介しましょう。

エクオールをサプリメントで取るメリット

エクオールをサプリメントで取るメリットは効率よく、かつ確実に摂取できることです。

大豆製品をはじめとした食品からエクオールを取るだけでは取り切れず、また腸内環境の状態に左右されてしまいます。

もう少し具体的に説明すると、日本人の3割しか「エクオール産生菌」を持っていないのであれば、エクオールをダイレクトに摂取しないと摂取効率は良くありませんよね?逆にサプリメントでエクオールを取ると、エクオールは腸までほぼ確実に届き、吸収される確率が格段にアップするのです。

つまり更年期障害でイライラする、ほてりが辛いといった様々な症状の緩和に大きく貢献してくれますよ。

エクオールをサプリメントで取るデメリット

エクオールをサプリメントで取ることのメリットは分かったけれど、デメリットはないのでしょうか?

結論から言うと、メーカーによって定められた分量を守ってさえいれば、基本的に副作用はありません。まれにお腹のハリなどを訴える人もいますが軽度なようです。

1つ注意点をあげるならば、ホルモン療法などを行っている方はかかりつけの医師に事前に相談してから服用するようにしましょう。これはエクオールが女性ホルモンの代替えの成分であることから、ホルモン療法への影響の有無を相談するためです。あくまでも念の為の確認であり、基本的にそこまでナーバスになる必要はありません。

エクオールサプリメントの種類と選び方

現在さまざまなメーカーからエクオールサプリメントが販売されており、いったいどれを選べばいいのか、どう違うのかというのが分かりづらいという方も多いかと思います。

そこでエクオールサプリメントの種類と違い、またエクオールサプリメントを選ぶにあたって知っておきたいポイントを3つご紹介しましょう。

エクオールサプリメントの種類

まずエクオールサプリメントに種類は大きく分けて2つに分かれます。

1つ目は、最も重要ともいえるエクオールの含有量です。エクオール研究の中で、更年期障害などに一定の効果を出すとされているエクオール推奨摂取量は10mgとされています。つまり最低エクオール含有量が10mgないと効果が見込めないのです。

薬局やインターネットなど様々な方法でエクオールサプリメントは手に入りますが、10mgを満たしているかどうかで1つ目の種類分けができます。

2つ目は補助成分の有無と何が含まれているのか?という点です。補助成分はエクオールの吸収を助けてくれる成分です。大抵の場合、補助成分には乳酸菌かラクトビオン酸のいずれかが含まれています。ただし中には補助成分が含まれていないサプリメントもあるので注意してくださいね。

エクオールサプリメント選びの3つのポイント

では上記の2点以外にも、エクオールサプリメント選びで知っておきたいポイントがありますのでご紹介しておきましょう。

1.天然由来成分であること

人工的なものではなく食品からエクオールを直接抽出しているものが安全です。原材料名に「大豆胚芽抽出発酵物(大豆胚芽発酵物)」と記載があるかどうかで見分けてください。

2.GMP表示の有無

厚生省が定めている基準の1つがGMP表示です。品質はもちろん、製造管理、原材料の仕入れ、出荷など細かな基準をクリアしたサプリメントだけが表記できるものです。つまり安心して体内に入れることができるサプリメントだということが分かります。

※GMP表示についてはこちらのページをご確認ください

3.添加物の含有量

そのサプリメントに添加物がどのぐらい含まれているかを知ることは、質を知る上で重要な目安となります。以下の計算式を用いるとサプリメント1粒に含まれる添加物を簡単に知ることができますので参考にしてください。

1粒の重量-1粒中の内容量=添加物

ちなみに添加物すべてが良くないのではなく必要な物も存在します。例えば、セルロース、ゼラチン、グリセリンなどは成分を固めるのに必要であるため、ある程度の含有には問題ありません。

おすすめのエクオールサプリはこれ!

最後にこれはおすすめ!というエクオールサプリメントをご紹介しましょう。「キレイ・デ・エクオール」です。

エクオールの含有量をわずか2粒で満たしているので、サプリメントが初めての方でも手軽に摂取でき、続けやすくなっています。また補助成分としてエクオールと相性の良い乳酸菌(EC-12)を1,000億個も含有しているので吸収率も期待できますね。また食物繊維も含有しているので、便秘や肌荒れに悩むゆらぎ世代の女性の腸内環境を整えるのにも効果的とされていますよ。

今回はエクオールサプリメントの選び方と題してお届けしました。最後に以下に本記事のまとめを作成しましたのでご確認ください。

・エクオールはサプリメントで取るのが最も効率よく確実である
・エクオールサプリメントに基本的に副作用はない
・エクオールの1日推奨摂取量は10mg
・補助成分が含まれているエクオールサプリメントがおすすめ
・天然由来成分からできており、GMP表示があるエクオールサプリメントがおすすめ
・エクオールサプリメントに添加物が多すぎるのは要注意!

当サイトでおすすめのエクオールサプリはコレ!